一般的には家の宗派にこだわりますが、宗派を変わっても、一向に差し支えありません。憲法第二十条にも、信教の自由が謳われています。