真宗大谷派の年忌法要は、百カ日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十五回忌、三十三回忌、五十回忌となります。五十回忌以後は五十年毎に勤めます。

 年忌法要の数え方は、亡くなられた日をいれて百日目が百カ日、一周忌は亡くなられて一年目の祥月命日(しょうつきめいにち)、三回忌以後は亡くなられた年を一に数えて「数え」で計算します。つまり、まる二年が三回忌、まる六年が七回忌、まる十二年が十三回忌、まる十六年が十七回忌、まる二十四年が二十五回忌、まる三十二年が三十三回忌、まる四十九年が五十回忌となります。真宗大谷派の年忌法要は、百カ日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十五回忌、三十法事の日取りを決める場合、命日若しくはそれに近い日に勤めるのが望ましいわけです。

 お招きする方々の集まりやすい日という配慮も必要でしょう。一般的に、法事を勤める場合、命日よりも早い方が良いとよくいわれますが、浄土真宗の教えにその根拠はありません。大切なのは、聞法と報謝の心です。そのお心をもって法事に臨んでいただきたいと思います。

 

  ・百カ日 : 没日の99日後。卒哭忌(そっこくき)

 ・一周忌 : 没年の翌年の祥月命日

 ・三回忌 : 没年の翌々年

 ・七回忌 : 没年の6年後

 ・十三回忌 : 没年の12年後

 ・十七回忌 : 没年の16年後

 ・二十五回忌 : 没年の24年後

 ・三十三回忌 : 没年の32年後

 ・五十回忌 : 没年の49年後