お葬式(枕勤め~お通夜~葬儀~還骨~中陰)

 お葬式は人生の卒業式であり、ご縁のあった方との最後のお別れの式でもあります。

 亡き人が身をもって、人としての最後のすがたを通し、生死無常、諸行無常の厳しい現実を示してくださったのです。それを厳粛に受止め、その尊いご縁によって、南無阿弥陀仏のみ教えをより身近なものとして聴聞してゆきたいものです。

 大切な仏事ですから迷信の類に惑わされることなくお勤めしなければなりません。なによりも、亡き人をお偲びし、お念仏申し上げ、静かにお見送りすることが肝要です。厳粛に勤め、故人とのお別れをしましょう。

 

~お葬式の流れ~

枕勤め(枕経)

 まず、お寺に連絡し、そして親族や地域の方々、葬儀業者に連絡し、枕かざりを整えた後、枕勤めをします。

 つぎに、お通夜、葬儀等の日程・時間を、お寺・親族・葬儀業者と相談の上決定します。この時、六曜(友引、大安、仏滅等)を考慮にいれる必要はありません。そして葬儀までの間、ご遺体に敬意を示す意味で香を念じます(不断香といいます)。なお、お内仏の扉は開けておきます。

 

お通夜

 本来、有縁の人々が集まって故人を偲び、夜通し(夜伽)することを指します。現在では、葬儀の前の晩の勤行のことをいいますが、この場をこれからの聞法のご縁にしたいものです。

 

葬儀

 全ての仏事に通じることですが、葬儀には念珠を忘れないようにしましょう。肩衣をお持ちの方は着用します。お焼香は、二撮(香を二回くべる、この時に香を額にいただく必要はありません)の後、合掌します。

 

還骨

 遺骨を拾い斎場(火葬場)から戻ったら、還骨勤行(お骨あげ)をします。以後、満中陰(四十九日)まで中陰壇をお内仏の横か前に設けます。

 

中陰(初七日~満中陰)

 中陰壇とは、法名と遺骨を安置するためのもので、お仏供をお備えし、仏花は樒または青葉を用いるのが原則です。お内仏には白い打敷をかけ、お給仕はいつも通りに行います。仏花は中陰壇と同様にします。

 中陰中は、灯明をつけておきます(不断灯明)。お線香は、礼拝、勤行の時に燃しるものですから、ずっとつけておく必要はありません。

 初七日、二七日・・・満中陰と、七日毎の勤行を勤めます。満中陰のお勤めが済んだら、中陰壇を徹します。お内仏も、白い打敷をはずし、平常の荘厳に戻します。

 中陰中の勤行の習慣もぜひ続けて、お内仏にお参りしましょう。

なお、納骨は、満中陰後に適宜行います。